海外FXは危険?違法性やリスクから優良業者を見分けるポイントまで徹底解説

海外FX 危険

投資家Bさん

海外FXを利用したいのですが、危険という噂があるのでやめておくべきでしょうか?

海外FXについて調べていると、「危険」「違法」などのワードを見かけます。

海外FXを利用したいけど、そのような噂も耳にして不安だから迷っているという人も多いのではないでしょうか?

実際に海外FXは国内FXにはないメリットもたくさんありますから、利用しないのは勿体無いとも言えます。

そのため本記事では、実際に海外FXを利用するのは危険なのかや、海外FXの優良業者の見分ける際のポイントなどを解説します。

海外FXは危険?を簡潔にまとめると
  • 海外FXは業者選びさえ間違えなければ安全である
  • 海外FXを利用するのは違法ではない
  • 海外FXには悪徳業者も存在するため注意する必要がある
  • 海外FX業者を選ぶ際には金融ライセンスの有無や評判・口コミを徹底的に調査する

大隅章太郎

海外FXの利用は危険なことばかりではありません。
ぜひそのことを本記事で理解し、海外FXに挑戦してみてください。

結論:海外FXは業者選びを間違えなければ安全

結論:海外FXは業者選びを間違えなければ安全

海外FXも業者選びさえ間違えなければ、安全にトレードができます。

ただ、100%安全とは言い切れず、まれに倒産したりする可能性もないわけではありません。

それでも、万が一倒産した時などのことを考えた対策もしっかりあるので、ある程度は安心してトレードはできるでしょう。

仮に国内FXだとしても、100%倒産しなくて安全だとは言い切れないので、その点についてはどちらもリスクがあります。

海外FXの違法性について解説

海外FXを利用するのにあまりいいイメージを持っていないという人も中にはいるのではないでしょうか。

国内の業者と比較し、安全が確保されているのかや、利用するのは違法ではないのかなど、疑問に思う人もいるはずです。

まず海外FXを利用することが違法ではないということについて解説していきます。

日本居住者が海外FXを利用するのは違法ではない

日本に移住している人が海外FXを利用するのは違法ではありません。

そのため海外FXを利用して稼いだとしても罰則もありませんので、安心してトレードができます。

ただし利用する際は自己責任という点と、海外FXを利用して稼いだ際にはしっかりと確定申告をして、税金を納めるという点だけ気をつけましょう。

海外FX業者自体も勧誘や営業行為がなければ違法ではない

海外FX業者が日本の登録なしに金融商品の取引を行うことはできません。

金融庁のHPには無登録で金融商品の取引を行なっている業者には警告が出ています。

しかし実際には業者からの勧誘や営業行為があった場合は違法であって、日本に住んでいる投資家から注文を受けることができないわけではありません。

金融庁から警告が出ている原因としては、それぞれの業者の公式HPが日本語対応になっている点を勧誘行為であると解釈しているそうです。

ただしこの警告を受けている業者の中には、本当に詐欺行為などを行っている業者もいるかもしれません。

業者を選ぶ際には十分注意をしましょう。

海外所在業者であったとしても、日本の居住者のために又は日本の居住者を相手方として金融商品取引を業として行う場合は、金融商品取引業の登録(日本の「金融商品取引法」に基づく登録)が必要です。日本で登録を受けずに金融商品取引業を行うことは、禁止されています。(違反者は罰則の対象となります。)
引用元:金融庁HP「
無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください

海外FXが危険と噂される理由を紹介

海外FXが危険と噂される理由を紹介

理由①一部、出金拒否・約定拒否をする悪徳業者がいるから

FX業者とのトラブルで多いのが、出金拒否・約定拒否になります。

せっかく利益を出しても出金できなくては意味がありません。

また約定拒否に関しても、スムーズなトレードができなかったり、最悪の場合、損失につながることもあります。

出金拒否・約定拒否があるかどうかは、それぞれの業者のHPを見ても記載されていないので、見極めが難しいポイントでもあるでしょう。

そのような際にはTwitterなどのSNSを活用して情報収集をしてください。

TwitterなどでFX業者を検索すると、口コミや評判が出てくることがあります。

あからさまな出金拒否・約定拒否の口コミ・評判がある業者に関しては、その段階で選ぶ候補から外すことで、ある程度トラブルを回避できます。

理由②日本の金融庁の認可を受けていないから

海外FX業者は日本の金融庁の許可を受けていないです。

その代わり他の国の金融ライセンスを取得している業者が多い傾向にあります。

ただ日本の金融庁の許可がない以上、何かトラブルなどがあった際の安心感などは得られないです。

加えて安全に関する情報の収集も難しくなってしまうため、リスクも多少大きくなってしまいます。

メジャーな業者であれば滅多にトラブルなどは起きませんが、万が一のことを考えると不安要素がないとは言い切れないでしょう。

海外FX業者が日本の金融庁の認可を取らないワケ

海外FX業者が日本の金融庁の許可を取らない理由としては、ルールがあまりにも厳しすぎるという点が考えられるでしょう。

例えば日本国内ではレバレッジの倍率は最大25倍までと決まっています。

対して海外FXを利用するメリットの1つに、ハイレバトレードができるという点があります。

もし海外FXの業者で日本の金融庁の許可を取ろうとすると、このハイレバトレードはできません。

このように、日本の金融庁の許可を取ってしまうことで、海外FXの良さを潰してしまいます。

証拠金制度(レバレッジ制限)
個人が店頭FX取引を行う際は、通貨ペアの種類を問わず、取引金額に対して4%以上の証拠金を差し入れ、維持する必要があります(レバレッジに換算すると25倍以下となります。)。
引用元:金融庁HP「
投資者保護のための主なルール

理由③海外FXのPAMMやMAMが詐欺に使われやすいから

PAMMやMAMとは、トレードの専門家にトレード資金を渡し、自分の代わりに運用してもらうことです。

しかしこのような運用方法の裏には、詐欺に遭うというケースも珍しくはありません。

このような詐欺はFX初心者など、トレードに自信がない人を的に詐欺をする人も近づいてくるケースが多いです。

また利益を出せず、心に余裕がない時などは、SNSなどにある「簡単に利益を出せる」などの文言に騙されやすくなります。

海外FXに限らず、このような怪しい誘いには乗らない、極端な例にはなりますがPAMMやMAMは極力利用しないなどを徹底しましょう。

理由④顧客資産の管理方法に不安が残るから

FXの顧客資産の管理方法は、分別管理と信託保全の2種類があります。

分別管理とはFX業者の運用資金とは別に顧客の資金を管理する方法で、信託保全は万が一業者が破綻しても全額保証する方法になります。

海外FXでは前半の分別管理を採用している業者がほとんどです。

分別管理ではもし業者が破綻した際に、預けていた資金が全額保証されない場合もあるかもしれません。

FX業者が破綻する可能性はあまり大きくはありませんが、もしそのようになった場合のことを考えると分別管理では少し不安要素も残ってしまうでしょう。

理由⑤ハイレバに頼ったギャンブルトレードになりやすいから

海外FXを利用するメリットの1つに、上述でも解説したハイレバトレードができるという点があります。

ハイレバトレードは、少ない資金でも利益を大きく出すことが可能なため、人気のある手法の1つです。

損失が積み重なっていても、一発でマイナスからプラスまで持っていくことも可能なため、使い方によってはとても便利な手法と言えるでしょう。

ただ、勝った時の利益が大きいという考えが先行してしまい、ギャンブルトレードに走ってしまう危険もあります。

ハイレバトレードは大きな利益を出せる反面、損失も大きくなりやすいので、ギャンブルトレードで利用するのは非常に危険です。

海外FXで優良業者を見分ける際のポイント

海外FXで優良業者を見分ける際のポイント

ここまで海外FXのマイナス面について解説してきましたが、決して危険な業者しかないというわけではありません。

選び方さえ間違えなければ優良な業者でFXができ、国内FX業者よりも大きな利益を出せる可能性もあります。

そんな海外FXで優良業者を見極めるポイントとしては以下の4つがあります。

ポイント①金融ライセンスを取得しているか確認

上述でも金融ライセンスについて少々解説しましたが、この金融ライセンスの取得が済んでいるかどうかの確認をしてください。

海外FXの金融ライセンスの取得条件は国によって異なるものの、簡単に取得できるものではありません。

上述でも解説したとおり、日本の金融庁の審査ほど厳しくないと感じる人もいるかもしれませんが、信頼できるかを見極めるには十分と言えるでしょう。

ただし、金融ライセンスを取得していても100%破綻しないなどと言えるわけではありません。

ですが金融ライセンスを取得していないFX業者を利用すると、破綻の件だけでなく、プラスアルファで出金トラブルなどの被害に遭うリスクも高くなってしまいます。

余計なリスクを下げるためにも、業者を選ぶ際には金融ライセンスの有無を確認しましょう。

ポイント②海外FX業者の評判や口コミを事前にチェック

海外FX業者の評判や口コミを事前にチェックする理由としては、出金拒否・約定拒否やその他トレード環境の良し悪しを判断するためです。

出金拒否や約定拒否の有無に関しては、業者のHPでは確認することはほぼできません。

加えてトレード環境などにおいては、マイナス面などをわざわざHPに記載しているところなどはないと言ってもいいでしょう。

そのため実際に業者を利用している人の評判や口コミを見て判断する方が良い場合もあります。

ただし、評判や口コミが全て正しいというわけではありません。

評判や口コミの良し悪しで業者を決めるのではなく、あくまでも公式HPの情報プラスアルファで見ると良いでしょう。

ポイント③海外FX業者としての運営歴を確認

運営歴が長いほど優良業者である可能性が高い傾向にあります。

理由としては、ユーザーは利用しやすい業者に集まる傾向にあり、そのような業者においては安定して長く運営できるからです。

逆に利用しにくい業者にはユーザーも集まらないので、業者も衰退していき選ぶ候補に上がらないケースも多いでしょう。

しかし、ここ最近できた業者の中にも優良業者がないわけではありません。

そのような業者を候補に入れる際には、上述で解説した評判や口コミなどを利用して、しっかり調査してからにしましょう。

ポイント④過去に出金トラブルの事例がないか調べる

過去に出金トラブルの事例がないかどうかの確認をしましょう。

FXトレードにおいて最も重要なのは、資金トラブルを避けることです。

万が一出金トラブルに遭い、自分がトレードで稼いだ資金を出金できないとなっては、トレードしてきた意味がなくなります。

後々そのようなトラブルに発展しないためにも、あらかじめ怪しい業者は選ぶ際の候補から外しましょう。

海外FXと国内FXはどっちがいい?一括比較表

海外FXと国内FXはどっちがいい?一括比較表

結論、海外FXと国内FXのどちらを利用すれば良いのか迷う人も多いでしょう。

まずは取引環境に関する内容を表にまとめましたので、下記をご覧ください。

項目 海外FX 国内FX
レバレッジ 〜無制限(条件あり) 〜25倍
ゼロカットシステム ある場合がほとんど ない
スプレッド 広い傾向 狭い傾向
約定力 高い傾向 低い傾向
約定拒否 少ない傾向 多い傾向
スリッページ 少ない傾向 多い傾向
資産管理方法 各業者によって異なる 信託保全

上述のとおりトレード環境だけではどちらが良いとは判断しにくいでしょう。

ただレバレッジに関しては、海外FXの方が圧倒的に高いので、大きな利益を出したいのであれば海外FXの方がおすすめと言えます。

ですがレバレッジなどをあまり気にしないのであれば、どちらを利用しても稼ぐことは可能です。

海外FX安全なおすすめ業者3選

海外FX安全なおすすめ業者3選

XMTrading|海外FX最大手の業者

XMTrading|海外FX最大手の業者

出典:XMTrading公式HP

最大レバレッジ ボーナス ドル円スプレッド
888倍 3種類 2.0pips
設立年 金融ライセンス 信託保全
2009年 セーシェル金融庁 AGI保険にて最大100万ドル
取引形態 スキャルピング 自動売買ツール
NDD方式 利用可能 利用可能
通貨ペア数 最小取引単位 取引ツール
57種類 10通貨 MT4・MT5

XMTradingの特徴は約定力が高い点や入出金が速い点などが挙げられます。

約定力が高いと、自分が注文した通りにトレードが進みやすく、ストレスなくFXができます。

逆に約定力が低いと、思い通りに取引が進まず、自分が立てた戦略通りにいかないという可能性も十分あるでしょう。

また入出金が速いと、しっかり手続きができているのか不安になりませんし、入金に関しては速ければ速いほど、良い相場を逃す可能性も低くいです。

業者を選ぶ条件として取引環境を重視している人は、ぜひ検討してみてください。

\ 海外FX最大手で安心 /XMTradingで口座を開設するXMTrading公式サイト:https://www.xmtrading.com/jp/

GEMFOREX|ベッカムが公式アンバサダー

GEMFOREX|ベッカムが公式アンバサダー
出典:GEMFOREX公式HP

最大レバレッジ ボーナス ドル円スプレッド
1000倍 3種類 1.6pips
設立年 金融ライセンス 信託保全
2010年 ニュージーランドFSP
取引形態 スキャルピング 自動売買ツール
DD方式 利用可能 利用可能
通貨ペア数 最小取引単位 取引ツール
33種類 1,000通貨 MT4・ミラートレード

GEMFOREXはスプレッドが狭くてトレードがしやすいです。

GEMFOREXにはオールインワン口座とノースプレッド口座がありますが、その中でもノースプレッド口座の方がスプレッドが狭くおすすめと言えます。

また口座開設をする際には本人確認できる書類の提出が不要で、必要情報を入力するだけです。

手軽にFXを始めることができるため、初心者の人でも参入ハードルは低く、挑戦しやすいでしょう。

gemforexキャンペーン\ 証拠金が最大10倍になる! /GemForexで口座を開設するGemForex公式サイト:https://gemforex.com/

FXGT|口座開設で12000円貰える

FXGT|口座開設で12000円貰える
出典:FXGT公式HP

最大レバレッジ ボーナス ドル円スプレッド
1000倍 3種類 1.5pips
設立年 金融ライセンス 信託保全
2019年 セーシェルFSA
取引形態 スキャルピング 自動売買ツール
NDD方式 利用可能 利用可能
通貨ペア数 最小取引単位 取引ツール
49種類 1,000通貨 MT5

運営歴は短いものの、ハイレバトレードができる点やキャンペーンが豊富な点から、人気のある業者の1つです。

キャンペーンの内容も100%入金ボーナスや新規登録で15,000円貰えるなど、とにかく豪華な印象を受ける人も多いのではないでしょうか。

キャンペーンやボーナスが豊富だと、それらを利用してトレードを始めることができるので、リスクを低くしてトレードに参入できます。

これから海外FXを利用する人や、まとまった資金がなく悩んでいる人におすすめの業者です。

FXGTバナー\ 15,000円分の証拠金が無料で貰える /FXGTで口座を開設するFXGT公式サイト:https://fxgt.com/jp/home/

海外FXでよくある疑問

海外FXでよくある疑問

質問①海外FX で追証は発生しますか?

回答①海外FXでは追証は発生しません。

理由としては海外FXにはゼロカットシステムがあるためです。

ゼロカットシステムとは、トレードの結果、口座残高がマイナスになった際に、業者がユーザーの損失分を負担する仕組みのことです。

質問①海外fxはおすすめしないと言われるのはなぜですか?

回答①悪質な業者も多く存在し、なおかつ日本の金融庁からの認可がないからです。

ただし金融庁からの認可については上述の「海外FX業者自体も勧誘や営業行為がなければ違法ではない」でも解説したとおり、安全な業者も含まれてしまっています。

海外FX業者を利用する際には十分に調査をし、選ぶようにしましょう。

海外FXは危険?まとめ

海外FXは危険?まとめ

海外FXは危険?を簡潔にまとめると
  • 海外FXは業者選びさえ間違えなければ安全である
  • 海外FXを利用するのは違法ではない
  • 海外FXには悪徳業者も存在するため注意する必要がある
  • 海外FX業者を選ぶ際には金融ライセンスの有無や評判・口コミを徹底的に調査する

海外FXには危険な面もありますが、本記事で解説した内容などを気をつければ、比較的安全に利用できるでしょう。

絶対に安全と断言できない理由としては、どんなにたくさんの人が利用している業者だとしても、経営難や景気の悪化などは突然やってくるため、誰も何年先も安全とは断言できないです。

ただポイントをしっかり抑えて業者を選べば、そのようなリスクは限りなく低くすることは可能です。

海外FXは国内FXとは違い、ハイレバトレードやゼロカットシステムなど魅力がたくさんあります。

ぜひ本記事で解説した内容をもとに、業者を選んで、海外FXに挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントはサイト運営側の承認を経た後に表示されます。