TitanFXはスキャルピングに向いている?おすすめ口座や禁止取引について解説

TitanFXはスキャルピングに向いている?おすすめ口座や禁止取引について解説

投資家Aさん

TitanFXはスキャルピングに向いているのかな?おすすめの口座や禁止されている取引方法も教えてほしい。

結論を先に言うと、TitanFXは短期間に何度も取引を行うスキャルピングに向いている海外FX業者になります。

なぜなら、取引制限がなくストップレベルがゼロに設定されているからです。

TitanFXのスキャルピングに関して簡単にまとめると…
  • スキャルピングの取引が可能
  • 制限がないので思う存分取引が可能
  • ブレード口座は取引手数料が低いのでおすすめ
  • TitanFXはわずか3分ほどで口座開設できる!

本記事では、TitanFXがスキャルピングに向いている理由だけではなく、禁止されている取引方法やおすすめできる人の特徴を併せて紹介します。

大隅章太郎

まずは、TitanFXがスキャルピングに向いている理由について解説していきますね。

目次

【結論】TitanFXはスキャルピングに向いている!

【結論】TitanFXはスキャルピングに向いている!

TitanFXはスキャルピング取引に向いている海外FX業者であり、取引コストを抑えて利益を上げることが可能です。

TitanFXブレード口座 XM ZERO口座 AXIORYナノスプレッド口座
取引コスト 往復0.7pips/1ロット 往復1.0pips/1ロット 往復0.6pips/1ロット
USDJPY 0.33pips(1.03pips) 0.1pips(1.1pips) 0.7pips(1.3pips)
EURUSD 0.2pips(0.9pips) 0.1pips(1.1pips) 0.3pips(0.9pips)
GBPJPY 1.45pips(2.15pips) 1.2pips(2.2pips) 1.7pips(2.3pips)
EURJPY 0.74pips(1.44pips) 0.5pips(1.5pips) 0.7pips(1.3pips)
CADJPY 1.1pips(1.8pips) 0.5pips(1.5pips) 1.0pips(1.6pips)
取引コスト平均 1.46pips 1.48pips 1.48pips

1日に何度も取引を行う手法なので、なるべく1回の取引にかかるコストを抑えて取引をする必要があります。

上記の表のように、TitanFXは取引コストを抑えて取引ができるので、スキャルピング向きなのです。

わずかな差かもしれませんが、取引回数が増えれば増えるだけ低い取引コストの恩恵を受けることになります。

仮にUSDJPYを1,000回取引を行った場合、以下のように取引コストが変わります。

  • TitanFX ブレード口座:1,030pips
  • XM ZERO口座:1,100pips
  • AXIORY ナノスプレッド口座:1,300pips

上記のように、TitanFXのブレード口座とAXIORYのナノスプレッド口座を比べると、1,000回の取引を行うとコストだけで270pipsの差が生まれてしまいます。

投資家Aさん

TitanFXがスキャルピングに向いている大きな理由は、取引コストを抑えることができることなんですね。

さらに、TitanFXがスキャルピングに向いている以下の3つの理由を紹介します。

上記の順番で、スキャルピングに向いている理由を解説していきます。

TitanFXはスキャルピングが可能かつ取引制限もなし!

TitanFXはスキャルピングに関する制限がないので、自由にポジションを持つことが可能です。

他の海外FX業者だと、短期間に何度も取引を行うことを禁止にしていることがあります。

例えば、iFOREXは1日に何度も取引を行うことを禁止にしていますし、GEMFOREXは10ロット以上の取引は事前連絡が必須です。

一方、TitanFXは取引に制限がありませんので、思う存分取引を行うことができます。

投資家Bさん

取引にルールがないので自由に取引ができますね。

TitanFXは全口座のストップレベルがゼロ

TitanFXは全部の口座のストップレベルがゼロなので、スキャルピングに向いている海外FX業者になります。

ストップレベルとは、指値と逆指値を行う際に現在の価格から離れなければならない価格差のことを言います。

例えば、USDJPYを120.000円でストップレベルが2.0pipsの場合、119.998円以下、120.002円以上の価格差がないと指値と逆指値を設定できません。

つまり、ストップレベルがあると指値と逆指値が設定できないことがあるので、取引をする際は注意が必要です。

TitanFXはストップレベルがゼロなので、わずかな価格差を狙って利益を上げることができます

大隅章太郎

ストップレベルがゼロなのでスキャルピング向きですね。

TitanFXは約定力が高くスキャルピングに強い

TitanFXは約定力が高いので、スキャルピングを行ううえで大きな武器になります。

約定力とは、簡単に言うと表示されている価格で取引ができる力のことであり、約定力が高いほど取引したい価格で取引ができます。

逆に約定力が低いと取引したい価格で取引できない場合があるので、数秒間で数pipsを獲得するようなスキャルピングには向いていないのです。

TitanFXは約定力が高い海外FX業者なので、スキャルピング向きです。

投資家Bさん

スキャルピングで稼ぐには約定力がの高さが重要になりますね。

TitanFXでのスキャルピングにはブレード口座がおすすめ

TitanFXでのスキャルピングにはブレード口座がおすすめ

TitanFXはスタンダード口座とブレード口座の2つがありますが、中でもブレード口座がスキャルピングに向いています。

なぜなら、スタンダード口座よりもブレード口座の方が取引コストを抑えることができるからです。

上記の順番でブレード口座をおすすめする理由を表を用いて解説していきます。

ブレード口座は他のFX業者と比較しても取引手数料が安い

TitanFXのブレード口座は他の海外FX業者と比べても取引コストを抑えることができます。

TitanFX ブレード口座 XM ZERO口座 AXIORY ナノスプレッド口座
取引コスト 往復0.7pips/1ロット 往復1.0pips/1ロット 往復0.6pips/1ロット
USDJPY 0.33pips(1.03pips) 0.1pips(1.1pips) 0.7pips(1.3pips)
EURUSD 0.2pips(0.9pips) 0.1pips(1.1pips) 0.3pips(0.9pips)
GBPJPY 1.45pips(2.15pips) 1.2pips(2.2pips) 1.7pips(2.3pips)
EURJPY 0.74pips(1.44pips) 0.5pips(1.5pips) 0.7pips(1.3pips)
CADJPY 1.1pips(1.8pips) 0.5pips(1.5pips) 1.0pips(1.6pips)
取引コスト平均 1.46pips 1.48pips 1.48pips

上記の表を改めて確認すると、ブレード口座は他の海外FX業者と比べても取引コストを抑えられます

大隅章太郎

スキャルピングはできるだけ取引コストを抑えたいので、ブレード口座がおすすめですね。

主要為替通貨ペアのスプレッド一覧【ブレード口座】

TitanFXのブレード口座とスタンダード口座の取引コストを比べると、以下の通りになります。

ブレード口座 スタンダード口座
取引コスト 往復0.7pips/1ロット なし
USDJPY 0.33pips(1.03pips) 1.33pips
EURUSD 0.2pips(0.9pips) 1.2pips
GBPJPY 1.45pips(2.15pips) 2.45pips
EURJPY 0.74pips(1.44pips) 1.74pips
CADJPY 1.1pips(1.8pips) 2.1pips
AUDJPY 1.12pips(1.82pips) 2.12pips
GBPUSD 0.52pips(1.22pips) 1.57pips
取引コスト平均 1.38pips 1.78pips

取引コストに大きな差は感じられないかもしれませんが、取引回数が増えれば増えるほどブレード口座の取引コストの低さが大事になります

投資家Bさん

スキャルピングで稼ぎたいのであれば、ブレード口座を開設して取引をするといいでしょう。

TitanFXでスキャルピングを行うデメリット

TitanFXでスキャルピングを行うデメリット

TitanFXでスキャルピングを行うデメリットを挙げるとすると、ボーナスを利用して取引ができないことでしょう。

残念ながら口座開設ボーナスや入金ボーナスがありませんので、ボーナス分だけで一気に稼ぐことができません。

しかし、クレジットカードの最低入金額が1円からなので、少額から取引をすることが可能です。

ボーナスが一切ないのはデメリットになりますが、それ以上に取引コストの低さや約定力の高さが大きなメリットになります。

TitanFXはデメリットはあるものの、スキャルピングを行う価値は十分にあるでしょう。

大隅章太郎

ボーナスはありませんが少額から取引をすることができますね。

TitanFXでスキャルピングを行う際に注意すべき禁止取引

TitanFXでスキャルピングを行う際に注意すべき禁止取引

TitanFXでスキャルピングを行う際に注意すべき禁止されている取引を紹介します。

  • 裁定取引(アビトラ)
  • レートエラーを狙った取引
  • 複数口座間での両建て取引

上記の順番で注意点を解説していきます。

禁止取引①裁定取引(アビトラ)

TitanFXは裁定取引を禁止しているので、複数の口座間やボーナスを利用した取引をする際は注意が必要です。

そもそも裁定取引とは、同じ通貨ペアの価格のズレを利用して割り高なら売りを入れ割り安なら買いを入れて利益を上げる方法です。

普通にスキャルピングを行うと裁定取引になることは基本的にありませんが、取引をする際は頭に入れておくといいでしょう。

投資家Bさん

裁定取引で利益を上げると利益没収などのペナルティを受ける可能性があるので気を付けてくださいね。

禁止取引②レートエラーを狙った取引

過去にリーマンショックやスイスフランショックなどで、価格が急激に変動したことがありました。

価格が急激に変動するとサーバーへの負担が大きくなり、価格の反映が遅れるレートエラーにより正常の価格と乖離することがあります。

レートエラーが起こると今後の価格の動きがわかってしまうので、ほぼ確実に利益を上げられますがTitanFXは禁止している取引方法です。

大隅章太郎

レートエラーを利用して稼げたとしても利益没収されてしまうので、取引をする際は注意してくださいね。

禁止取引③複数口座間での両建て取引

TitanFXは複数の口座間で両建て取引を行うことを禁止にしています。

最大で15個の口座を開設できるので、複数の口座で取引をする際は注意しましょう。

価格が急激に変化するタイミングで口座Aでは売りを、口座Bでは買いを入れることで、片方の口座はゼロカットにより0円になります。

しかし、もう片方の口座は利益を上げることができます。

例えば、上昇相場で1万円を入金した口座Aでは買いを、口座Bでは売りを入れた場合、口座Bはゼロカットで1万円がなくなります。

口座Aではトレンドに乗り1万円以上稼げれば、トータルで必ずプラスになります

複数の口座間での両建て取引は禁止にしているので、複数の口座を利用している方は注意しましょう。

投資家Bさん

複数の口座間だけではなく、他の海外FX業者間での両建ても同様に禁止されているので気を付けてくださいね。

TitanFXでスキャルピングを行う方法

TitanFXでスキャルピングを行う方法

TitanFXでスキャルピングを行う方法を紹介します。

  1. 取引の時間を決める
  2. ボラティリティが高い銘柄を選択する
  3. 資金・リスク管理の計画を練る
  4. 利確・損切りラインを決める
  5. 日記をつけて反省や振り返りを行う

上記の順番で、スキャルピングを行う方法を解説していきます。

ステップ①取引の時間を決める

スキャルピングを行う際は取引をする時間帯を決めておくといいでしょう。

取引する時間帯を決める理由は、集中して取引を行うためです。

デイトレードやスイングトレードは短時間で頻繁に取引を行わないので、タイミングが来たらエントリーをするといいでしょう。

しかし、スキャルピングは何回何十回と多くの取引を繰り返して利益を上げる方法なので、時間を区切らないと集中力が続かないのです。

自分が取引をする時間を決めて、短期集中で利益を上げていきましょう

大隅章太郎

スキャルピングは1日に30分から1時間の取引だけでも十分に稼ぐことはできますね。

ステップ②ボラティリティが高い銘柄を選択する

ボラティリティが高い銘柄を選ぶことで、短時間で一気に利益を上げることが可能になります。

仮にボラティリティが低い銘柄を選ぶと価格の変動が鈍いため、スキャルピングの醍醐味である短時間で利益を上げにくくなってしまいます。

価格変動が大きい銘柄を選ぶとタイミングにもよりますが、数秒で利益を上げることも可能になります。

しかし、価格変動が大きいということは、一瞬にして損失を出してしまうことも考えられるのです。

投資家Bさん

そのため、ボラティリティが高い銘柄で利益を上げる前に資金管理やリスク管理の計画を立てることが大切ですね。

ステップ③資金・リスク管理の計画を練る

ボラティリティが高い銘柄を選ぶことで短時間で利益を上げやすくなりますが、一瞬で損失を出す可能性も高くなります。

しかし資金管理やリスク管理を行うことで、大きな損失を出さずに取引をすることが可能です。

例えば、損失許容率を5%と決めたなら、5%の損失を出したタイミングで決済を行います。

5%以上の損失を出しても価格が反転し、結果的に利益に繋がるかもしれません。

ですが、5%以上の損失を出す可能性もあるので、損失を出している状態でも資金を守るために損切りを行うといいです

大隅章太郎

自分の大事な資金をできるだけ減らさないためにも、損失許容率を決めて資金管理とリスク管理を行いましょう。

ステップ④利確・損切りラインを決める

エントリーをする前に利確と損切りのラインを決めて取引をしましょう。

あらかじめ利確と損切りラインを決めることで、感情に左右されずに決済を行うことができます

例えば、レンジ相場のサポートラインから逆張りの買いを入れて8pips獲得したら利確する、レンジブレイクをしたら損切り決済をするなどラインを決めるといいです。

仮にスキャルピングを1万円の資金で行う場合、損失許容率を5%に設定したら500円の損失が出た段階で損切りを行います。

特に損切りラインを決めておくことで、立ち直れないくらいのダメージを避けることができます。

投資家Bさん

どこのラインまで価格が動いたら利確と損切りを行うかを決めておくといいですね。

ステップ⑤日記をつけて反省や振り返りを行う

取引が終わったらトレード日記をつけて反省や振り返りを行うといいでしょう。

FXは勝ちトレードよりも負けトレードから得られることが多いので、特に負けた理由をまとめて次のトレードに活かすべきです。

  • 取引した時間
  • 通貨ペア
  • 取引手法
  • 利確と損切りのライン
  • エントリー理由
  • エントリー時の感情

上記のような項目を日記にまとめることで、次のトレードでやるべきこととやってはいけないことが固まっていきます

いきなり勝率を上げることは難しいですが、トレード日記を書くことで徐々に勝率を上げることができるはずです。

大隅章太郎

取引ごとにトレード日記をつけてレベルを上げていきましょう。

TitanFXでスキャルピングを行うのがおすすめな人の特徴

TitanFXでスキャルピングを行うのがおすすめな人の特徴

TitanFXでスキャルピングを行うのがおすすめな人の特徴は、FXに使える時間があまりない人です。

なぜなら、スキャルピングは1日中チャートに張り付く必要はなく、30分から1時間ほどでも利益を上げることが可能だからです。

さらに、スキャルピングはデイトレードやスイングトレードよりも、エントリーチャンスが多いので集中力が必要になります。

1日中ずっと集中力が続く人はいないので、時間があまりない人でも取引を行うことができます。

FXで稼ぎたいけど時間がなく困っている方は、取引コストを抑えられるTitanFXのブレード口座でスキャルピングを行うといいでしょう。

投資家Bさん

3分ほどで口座開設ができるので、この機会に開設しておくといいですね。

TitanFXでスキャルピングをする際によくある質問

TitanFXでスキャルピングをする際によくある質問

TitanFXでスキャルピングを行う際によくある質問に回答します。

  • スキャルピングで禁止事項はありますか?
  • スキャルピングに最適な口座は?

上記の質問に回答していきます。

TitanFXのスキャルピングで禁止事項はありますか?

いいえ、スキャルピングに関する禁止事項はありません

自由に取引ができるので思う存分取引してください。

TitanFXのスキャルピングに最適な口座は?

スキャルピングに最適な口座はブレード口座です。

取引コストを抑えることができるので、おすすめの口座になります。

【まとめ】TitanFXはスキャルピングに向いている?おすすめ口座や禁止取引について解説

【まとめ】TitanFXはスキャルピングに向いている?おすすめ口座や禁止取引について解説

TitanFXのスキャルピングに関して詳しくまとめました。

TitanFXのスキャルピングに関するまとめ
  • スキャルピングで利益を上げることが可能
  • 制限がないので思う存分取引可能
  • ブレード口座は取引手数料が低いのでおすすめ
  • TitanFXはわずか3分ほどで口座開設できる!

TitanFXはスキャルピング取引に向いている海外FX業者になります。

向いている理由はコストを抑えて取引ができ、約定力が高いからです。

しかし、一切ボーナスがないことがデメリットになりますが、クレジットカードだと1円から入金することができます。

少額からスキャルピングを行うことができるので、まずは少ない資金から取引を開始しているといいでしょう。

ユーザーレビュー

レビューはありません

レビューを投稿する